あんだんてシャンプー
あんだんて7つの魅力


あんだんてシャンプーを業務用として見たときの特長をまとめました。
1,残留物が少ない
主剤のラウロイルメチルアラニンNaの耐硬水性が高い(水中に金属の影響を受けにくい)のでパーマ、カラーなどの化学反応を阻害しにくく薬剤のコンとロールしやすい利点があります。(軟水を使用していない場合でも効果が出やすい。)
「残留物が少ない」ことは、あんだんてシャンプーの際立った特長で、この点から美容室向けに理想的なシャンプーとして「美容のプロから見たあんだんて」で高いご評価をいただきました。
2,低刺激・低アレルギー性
もともとアトピーの方、敏感肌用に開発したシャンプーですので、手荒れが少なく、洗髪の機会の多い業務用にピッタリです。

3,軽い泡立ちと適度な洗浄力
理美容室では従来のアミノ酸系(グルタミンベース)シャンプーに慣れておられるので、あんだんてシャンプーの軽さに大変驚かれます。
あんだんての主剤はアラニンベースなので、きめ細かな豊かな泡立ちと適度な洗浄力が持ち味です。
洗浄成分はアミノ酸系、ベタイン系、脂肪酸エステルだけですので、汚れは落しますが、脱脂力は強くなり過ぎません。
4,プロ好みの使用感・仕上がり感
表現方法は個々の理美容さんによって異なりますが、プロ独特の感性で高くご評価いただいています。
・アミノ酸系シャンプーのプレーンリンス後の独特のヌルッとした仕上りにはならないでサラッと仕上がる。
・重さを感じないきめ細かい泡立ちでスッキリ軽やかな仕上がり。
・シリコーン配合のものは、指がつるんと入るのに対し、あんだんてはスーっと入る感じ。
5,色落ちがしにくい
毛染めをしても2〜3回の洗浄で白タオルが使えるくらい色落ちしません。
日常的にも色落ちが少ないのは喜ばれています。(個人のお客様も同じご意見。)
弱酸性であること、退色防止効果の大きい成分を充分に配合している効果です。
6,毛染め時に「はえぎわ」についてしまった色がよく落ちる
毛染めをする時は「はえぎわ」にはプロテクトクリームを塗っておきますが、どうしても地肌が染まってしまいます。
アルコールなどで拭いても、なかなか取れないことが多いのですが、あんだんてシャンプーで洗うと簡単に落ちます。(個人のお客様も同じご意見。)
理美容師さんの永年の悩みを解決してくれたと、特に好評です。例えばサボニーズスーパープロテクトを使うとリムーバーが不要となります。掲示板でも話題になり、他社のプロテクトクリームも紹介していますのでご覧下さい。
7,美容の科学の情報が豊富
交流のある理美容関係の方々は美工房 四季彩さんをはじめ皆さん美容の科学に精通し、ホームページなどで情報を公開しています。
交流の輪に入っていただけば、きっとご満足いただけると思います。
[9]戻る [0]Topへ lime count