傷んだ髪の修復

アミノ酸シャンプーとアミノ酸配合トリートメントでダメージ修復

●あんだんて 髪を洗うシャンプー
主成分がアミノ酸で作られている『アミノ酸シャンプー』です。単にアミノ酸を配合している他製品とは全く別物です。
 髪にダメージを与えないだけでなく残留物を限りなく減らしたことで、アミノ酸配合トリートメントの効果を引きだします
●あんだんて 髪を潤すトリートメント
は主成分に、アミノ酸PPT脂肪酸エステルを使用することで、髪の補修髪の保湿力を促します。
 また、シリコーンや余分な油脂類を排除したことで、仕上げ剤やアウトバストリートメント、PPTトリートメントなどの作用を阻害することがありません。

通常、あんだんてをセットでご使用いただくことで、髪の日常的ダメージを修復する効果が見込めます。
 しかし、頻繁なカラーやパーマによって大きくダメージを受けた髪を修復するには、さらなるお手入れが必要です。

アミノ酸とPPTによる髪の修復

あんだんて髪を潤すトリートメントにも毛髪補修用アミノ酸・PPTが高濃度配合されていますので、日常的ダメージレベルの毛髪内部補修が十分できます。
 しかし、カラーパーマで毛髪内部から失われたマトリックス量が多い場合は、髪を潤すトリートメントだけでは補修しきれない場合があります。

残留物が無く、かつ他の成分を阻害しない『あんだんて』シリーズでは、アミノ酸を複数繋げた特殊なPPTトリートメントで効果的に毛髪内部の修復することができます。

アミノ酸の集合体である<PPTポリペプタイド/ポリペプチド)>は、タンパク質とアミノ酸の中間の分子量を持っています。
 アミノ酸やPPTは脱水することで縮合し、分子量が大きくなる性質がありますので、髪にPPTを浸透させ乾かすことで毛髪内部のスキマが大きい部分にも定着させることができます。
 それにより、失われた間充物質を補って髪の内部を修復します。

しかし、キューティクルが無くなってしまったような外部損傷については、修復の決定的な方法がありませんので、「切る」事で対処するのがベストとなります。
 切りたくない場合は、表面保護と感触良化もために樹脂系コーティング(ヘアマニキュアなど)や、キトフィルマーでコーティングするなどしてカバーしましょう。

PPTの種類 特長 効果
ケラチン系 ケラチンは肌・髪・爪などに多く含まれるタンパク質です。
S-S結合(シスチン結合)を持つシスチンというアミノ酸を多く含むのが特徴です。
パーマ・縮毛矯正などに欠かせないシスチン結合を補給できます。
コラーゲン系 コラーゲンタンパクにはシスチンが含まれていませんが、コシ・ハリを与えるのに最適です。 ハリ・コシなど弾力を与えることができます。

症状別の原因と対策

症状 原因 対策
パサつき 毛髪内の天然保湿因子の流出 PPTの補充と定着
パーマ・カラー・熱などによるタンパク質変性・変形
ゴワつき 毛髪内の天然保湿因子の流出 PPTの補充と定着
パーマ・カラー・熱などによるタンパク質変性・変形
石けんシャンプー・カラーにより毛髪内に金属塩が残留 金属塩の除去
枝毛 毛髪内の間充物質(マトリックス)の流出により繊維質が割れてしまう PPTの補充と定着
キトフィルマーコート
切れ毛 毛髪内の間充物質(マトリックス)の流出 PPTの補充と定着
ブラッシング・髪留め・髪の結束など キトフィルマーコート
ツヤがない・手触りが悪い 毛髪内の間充物質(マトリックス)の流出 PPTの補充と定着
毛髪表面のキズ・キューティクルの剥離 樹脂コーティング
キトフィルマーコート
髪がきしむ・絡まる 毛髪表面のキズ・キューティクルの剥離 樹脂コーティング
キトフィルマーコート
ハリ・コシがない 毛髪内の間充物質(マトリックス)の流出 PPTの補充と定着
毛髪表面のキズ・キューティクルの剥離 樹脂コーティング
キトフィルマーコート
パーマがかからない 毛髪内の間充物質(マトリックス)の流出 PPTの補充と定着
カラーが染まりにくい・色落ちが早い 毛髪内の間充物質(マトリックス)の流出 PPTの補充と定着
リンスをしても効果がない キューティクルの剥離 樹脂コーティング
キトフィルマーコート

→髪質・状態での選び方

PPTトリートメントを使ったホームケア手順

■ご自宅で髪の内部補修をする場合は、以下の手順でされると良いでしょう。

  • シャンプー前、ダメージ部に前処理用PPTを塗布・コーミングし、ドライヤーで乾かします。
  • あんだんて髪を洗うシャンプーで丁寧にシャンプーします。
  • 後処理用PPTを使う場合は、ここでよく浸透させてから流します。ホットタオルなどを使って浸透させればより効果的です。(この場合は乾かしません)
  • 髪を潤すトリートメントでチェンジリンス。
  • 乾かす時にクシ通りが悪い時などは、アウトバストリートメントを使用すると良いでしょう。

KPTPPT+R2シャントは粘度が低いので、お使いになる場合は「スプレイヤー(霧吹き)」状の容器に入れてスプレーすると使いやすくなります。

→時間短縮のワンポイント

ドライヤーで髪が傷む?

前処理PPTは『ドライヤーで乾かす』のが基本です。「ドライヤーは髪が傷むから使わない」という方がいますが、大きな間違いです。

髪の表面は100℃以内、内部は80℃以内(ダメージヘアの場合はそれより-20℃)であれば傷む心配はまずありません。
 1200Wのドライヤーでも、10cm以上離し常に移動させながら乾かせば問題はなく、「熱い!」と感じない程度であれば大丈夫です。
 あんだんてシリーズをお使いの場合は問題ありませんが、油分の多いリンス・トリートメント・仕上げ剤を使用している場合は、簡単に温度が上がりますので要注意です。

逆にきちんと乾いてない場合の方が髪のダメージは大きくなります。髪が水分を吸って膨潤している状態では、ちょっとの刺激(タオルや枕と擦れるだけでも)が物理ダメージとなります。
 また、雑菌(特に真菌)の繁殖率が大幅に増えるので、臭いや皮膚トラブルなどの原因にもなります。

ドライヤーの選び方は、ワット数ではなく風量で選びましょう。本体が大きいドライヤーほどファンが大きいため風量も大きくなります。
 風量が大きくなれば相対的に温度も下がりますし、乾くまでのスピードも早くなります。

おすすめPPTトリートメント

あんだんてシリーズとの組み合わせで高い効果を出せる、JBCアカデミー開発品(販売元:株式会社 エルコス)『パワーシリーズ』をご紹介します。

名称 主な成分 効能・効果 分類
POWER KPT
POWER KPT
反応性高重合型ケラチンPPT
 ・反応性高重合型
  ケラチンPPT
 ・保湿効果絶大の
  カチオン化ヒアルロン酸
 ・ジェミニ型内部浸透補修剤
  ペリセア
毛髪内部で高分子化するので、非常に高い残存性があります。

パーマ・ストレート技術に欠かせないS-S結合(シスチン結合)の補給に最適です。
POWER PPT+
POWER PPT+
反応性高重合型コラーゲンPPT
 ・反応性高重合型
  コラーゲンPPT
 ・ジェミニ型内部浸透補修剤
  ペリセア
 ・シスチン結合を有さない
  高分子ケラチンPPT
毛髪内部で高分子化するので、非常に高い残存性があります。

パワーKRT+と比べて、ハリ・コシ・弾力がでます。
POWER R2 シャント
POWER R2+
還元・軟化停止機能
      &強度回復剤

 ・反応性毛髪強化樹脂
  リアクティブレジン
 ・細胞膜を補修し、感触良化する
  リピジュア
 ・保湿効果絶大の
  カチオン化ヒアルロン酸
 ・カチオン化ケラチンPPT
低分子のカチオニックケラチンPPTが毛髪内部へ浸透し、内部強化します。






反応性毛髪強化樹脂が毛髪外部から内部のアミノ酸に吸着しますので、毛髪を切れにくく強化できます。
POWER リバイジング+
POWER REVISING+
毛表面・内部補修&感触良化
   &代替キューティクル

 ・キトフィルマー
 ・シルクポリマー
 ・疎水性ケラチン
 ・ヘマチン
内部補修(疎水性ケラチン、ヘマチン)






ツヤ、感触の良化(シルクポリマー)
表面補修&枝毛予防(キトフィルマー)
ウエーブ形成向上、褪色防止、脱臭効果(ヘマチン)
POWER PHC+ EX
POWER PHC+EX
ペーハー調整
    &H2O2除去剤

 ・リン酸
 ・ケラチン&コラーゲン
 ・ローズヒップ油
 ・ホホバ油・マカダミアナッツ油
パーマ・ヘアカラー等のアルカリを除去する。(pHコントロール)

ヘアダイ後の残留過酸化水素を除去する。
P.P.Tの補給&オイル系配合により手触り感がUPする。

■成分の説明

●反応性高重合型ケラチンP.P.T
傷んだ髪や髪を傷めたくない人におすすめの熱反応性ケラチンP.P.Tを主体とした前処理的トリートメントです。
反応性重合型ケラチンP.P.Tは、加温して乾かす事により重合し、分子量が大きくなるので、大きな損傷部分でもしっかり補修でき、さらに髪の中で大きくなるので外に出にくくなります。
乾かす時に少しベタついたりゴワついたりしますが、そのまま乾かしてください。毛髪中のマトリックスの補給はもとよりシスチンを含有していますので、S-S結合の補給をします。
●反応性高重合型コラーゲンP.P.T
傷んだ髪や髪を傷めたくない人におすすめの熱反応性コラーゲンP.P.Tを主体とした前処理的トリートメントです。
反応性重合型コラーゲンP.P.Tは、加温して乾かす事により重合し、分子量が大きくなるので、大きな損傷部分でもしっかり補修でき、さらに髪の中で大きくなるので外に出にくくなります。
乾かす時に少しベタついたりゴワついたりしますが、そのまま乾かしてください。痩せてしまった大人髮やダメージで細くなってしまった毛髪にツヤ感、ハリ・コシ・弾力が出ます。
●リピジュア
その保湿力はヒアルロン酸の2倍以上。
リピジュアは、ヒトの細胞膜を構成し、涙にも含まれる成分「リン脂質」をモデルに開発された、高性能な生体適合物質です。
約2.000個の分子が結合し、保水性に優れた潤いのベールを作ります。
現在、医薬品・化粧品人工臓器など幅広い分野で使用されています。
●カチオン化ヒアルロン酸
1gで6Lもの水分を抱え込む。
真皮中のコラーゲンとエラスチンの間を埋めているのがヒアルロン酸です。
ヒアルロン酸が減少するとコラーゲンも変質し、肌のハリや弾力を失います。このヒアルロン酸にはとても高い保湿力があります。
カチオン化ヒアルロン酸とは、ヒアルロン酸に電気的な力を持たせたものでダメージ毛に対して吸着しやすく改良された新しい原料です。
●ペリセア
すべてのダメージに効果のある皮膚・毛髪修復剤。
従来の毛髪補修原料は浸透までに時間を要する、という課題がありましたが、ペリセアは1分間程度の短時間で毛髪中心部分まで浸透し、なおかつ毛髪表面をコートする、内と外の両方のダメージを補修する原料です。
「ジラウロイルグルタミン酸リシンナトリウム」 という原料名で記載されていて、肌の補修目的で化粧品にも利用されている、オールマイティな植物由来の新原料です。
●キトフィルマー
生体親和性が高く、体内で同化する安全な素材。
医療業界で人工皮膚、抜糸不要の手術用糸等に使用される、安全な素材です。キューティクルの補修、枝毛・切れ毛の接着同化と予防効果が期待できます。また、皮膜形成・ツヤ・ハリ、コシ・手触り感の向上等の効果があります。
●ヘマチン
多くの有用性を持つポルフィリン化合物。
ヘモグロビンを基に科学的処理された化合物です。髪の主成分である『ケラチン』が、血液の『グロビン』ととても似ているため、塗布するとケラチンと結合し、傷んだ部分を補修してくれます。また、酸素を吸収する力が非常に強いのが特長で、カラー等で残留した過酸化水素が悪影響を与えるのも食い止めてくれます。その他に紫外線吸収、ウェーブ形成向上、ハリ・コシの向上と修復、脱臭効果等々、数多くの効果を持っています。

→パワーシリーズの選び方

エルコスパワーシリーズ フローチャート

エルコスパワーシリーズ フローチャート
  • パーマ・カラーなどで傷んでいる場合は「POWER KRT+」。
  • パサつき修復、ハリ・コシが欲しい場合は「POWER PPT+」。
  • 切れ毛・枝毛・軟毛の対策には「POWER R2+」で毛髪強化。
  • かなり傷んでいて早急に対処したい場合は、「POWER KRT+」と「POWER R2+」をセットで。
  • キューティクルが剥離している方は「POWER REVISING+」や「POWER R2+」を中心に!
  • パーマ・カラーなど、アルカリ薬剤使用後のpHコントロールには「POWER PHC+」。
  • 仕上がりのサラサラ感を強調するだけなら、「POWER REVISING+」だけでOK!

→求める効果での選び方

ホームパーマ・ホームカラー時の処置

以下の手順で施術すれば、自宅でもサロンの仕上がりに近づけることができます。
 KRT+・PPT+・R2+については、スプレイヤー(霧吹き)等を利用して、ダメージ部分に直接噴霧すると簡単です。

ご自宅でパーマ(ストレート含む)をするときの手順。

  1. 施術前にKPT(PPT+)を塗布、良くとかしてドライヤーで乾かす。
  2. スーパーダメージ部にはPHC+を薄く塗布。
  3. 1剤にR2シャントを5〜10%程度混合して施術。
  4. 2剤にR2シャントまたはREVISING+を5〜10%程度混合して塗布。
  5. 2剤処理終了後、すすいだ後PHC+を塗布し揉み込んで5分放置後すすぎ。
  6. 髪を潤すトリートメントでチェンジリンス。

ご自宅でアルカリ系カラー(ブリーチ含む)をするときの手順。

  1. 施術前にKPT(PPT+)を塗布、良くとかしてドライヤーで乾かす。
  2. スーパーダメージ部にはPHC+を薄く塗布。
  3. カラー剤を塗布。
  4. おおむね染まったらR2シャントまたはREVISING+を塗布し5〜10分放置。
  5. 髪を洗うシャンプーで洗ったら、PHC+を塗布し揉み込んで5分放置後すすぎ。
  6. 髪を潤すトリートメントでチェンジリンス。

→サロンでパーマ・カラーをする場合

ご購入はショッピングカートで!20%割引き販売中!

多くの理美容室でプロ用として実績のあるエルコスパワーシリーズを、JBCアカデミーのご協力であんだんてでもお取り扱いさせていただくことになりました。

買い物カゴ
お肌の?(クエスチョン) お肌の悩みのアドバイス
あんだんてで行こう(ブログ)
あんだんてシャンプーについて
シャンプー開発目標
使用感の特長
使い方いろいろ
シャンプー開発コンセプト
あんだんての発想
配合成分の説明
配合成分の詳しい説明
あんだんての生い立ち
販売価格・送料・お支払い
あんだんて製品一覧
あんだんて髪を洗うシャンプー
あんだんてからだを洗うシャンプー
あんだんて髪を潤すトリートメント
アレルギー、アトピーへの取り組み
あんだんての歩み
アトピー性皮膚炎の理解
足して10で発病
アトピーの方のシャンプー選び
アトピー性皮膚炎の本
アトピーに関するインターネット上の情報
理・美容室への展開
あんだんて7つの魅力
理美容室オーナー様へ
シャンプーのお話
シャンプーの語源と小史
正しいシャンプーの仕方
シャンプーの選び方
洗剤・石けん・界面活性剤
界面活性剤の種類と特徴
アミノ酸系界面活性剤
低刺激性ランキング
スキンケアの注意点
敏感肌
こすり過ぎ・洗い過ぎ
薬のいかし方
化学屋のつぶやき〜グリーンケミストリー
使い過ぎ
アミノ酸と髪の修復
アミノ酸とタンパク質
傷んだ髪を修復するには
あんだんて掲示板
あんだんてシャンプーFAQ
携帯サイト
あんだんてリンク集